【体験談】坊主の野球部(前)


オレは高2クラス替えの時にすごい好みの人を見つけた。坊主の野球部で格好いいわけではないけど…一目惚れしました。学校が終わったら、大樹(オレがほれた人)のことばかり考えて、本当に胸が苦しかった…だいきとは、うまく話せず学校の前期が終わった。 

後期が始まり大樹が変な行動をするようになった。体育の時間、オレが座っていると大樹はオレの手にアソコをコスルように前を歩いていった、オレは興奮して顔が熱くなったから下を向いてじっとしていた。

柔らかくて、もっと触っていたかった。オレは『大樹がゲイだったらなぁ~』とずっと願いながらその時間を終えた。そろそろ修学旅行の時期になり、グループ決めをすることになった、オレは大樹となりたかったけど…話もあんまりしたことがなかったから無理だと諦めていた。 

そしたら大樹のほうから「カズ(仮名)一緒に組まない?」って言ってきた!!オレはあわててOKの返事をした。その結果、自主見学、部屋、飛行機の席、何もかも大樹と一緒になった!!そのせいで、オレの胸が前以上に苦しくなった。 

それを押さえるために、オレはオナニーに走った。週に1回くらいだったけど、その日から毎日するようになった。大樹の事を考えながら… 

数日たって、オレは風邪をひいて保健室で寝ていた。昼休みになり大樹が修学旅行の内容を話にきてくれた、数分たって大樹は「カズって彼女いる?」って聞いてきた。 

オレ「いないんだぁ…淋しいよね」大樹「ふ~ん…」流されてしまった、大樹はちょっと怖い顔になっていた、いきなり笑顔になり「カズ風邪ひいてるからオレ、カズの家に看病しに行くよ!!」オレは意味がわからなかった… 

その時、鐘が鳴り大樹は「やべっ!!また後で」そう言ってオレのアソコを布団の上からポンッと叩き、教室に戻って行った。オレのアソコはぐんぐん大きくなった、【やばい…オナニーしたい】オレは我慢できなくて… 

制服のズボンを下げた、布団を少しズラシ、ゆっくり上下に動かした。大樹にしゃぶられてると想像して…けどここでイクわけにもいかないから、寸前で止める予定だった。 

「うぅ…」その瞬間、保健室の先生がカーテンを開けた、けどすぐに閉めバレはしなかった…だけどオレは、びっくりして射精してしまった……床に白い液が散らばっていた。 

オレはあせってスボンをはき、保健室の先生に鼻をかむからと言ってティッシュをもらって、片付けた。6時間目にオレは教室に戻って授業を受けた、パンツが冷たくて‥ベタベタして、やな気分だった。 

掃除を終わらせ、帰ろうとしたら大樹が「カズ!!まって!!約束しただろ!!」オレ「何?かあったっけ?」大樹「だから~今日は大樹の家に看病しに行くってば!!」忘れていた…オレ「え…大丈夫だよ気にしないで」大樹「ヤダ」そんな話が続き結局オレの家に来ることになった。 

学校からオレの家までは歩いて15分くらいの所にある。大樹「カズの家って、家族何人いるの?」オレ「オレ一人っ子だから、3人けど親両方医者だからほとんど一人」 

大樹「じゃあオボッチャマ?」こんな話しをしながらオレの家についた。家に入り、オレの部屋に連れていった…始めは、ゲームをして遊んでた、その内オレはまた体調が悪くなってしまった。 

オレ「大樹…本当に悪いんだけど…」大樹「あっ!!そうそう!!お願いあるんだ~」オレは大樹話しよく流すなぁ~って思った。けどそこが好きなところ、オレ「なに?」大樹「オレさぁ…今日泊まってもいい?」すごい嬉しかった、けどエッチなことを想像してしまう。 

オレ「えっ…大樹がいいなら……別にいいよ…」顔が熱くなって、またアソコが固くなってしまった。大樹「どうした?熱あるの?顔赤いぞ!!」また胸が苦しくなる、わかってほしいけど…伝わるわけがない。 

オレ「大丈夫!!オレ下に弁当取りに行くよ!!大樹の分もあると思うから持ってくる!!」そう行って部屋を出た。苦しくて苦しくて、泣きたくなってきた…弁当を取り部屋に戻った。 

それから二人で静かに弁当を食べた片付けた後、修学旅行の話しをして何となく盛り上がってきた、その時大樹が「カズ今日はオナニーしないの?」って聞いてきた、オレは【何で知ってるんだろう…絶対嫌われた…】そう思った。 

オレ「えっ!!変なこと言うなよ!!」またアソコが反応してきた。大樹「けど、ごみ箱ティッシュだらけだし…」 

オレ「それは…」毎日してたから、ごみ箱はティッシュでいっぱいになっていることを忘れていた。大樹「じゃあエロビとかもってるの?カズそう言う風に見えないよなぁ…」 

オレ「いやっ…持ってない…」大樹「じゃあ想像でオナニーしてるの?オレと同じだな!!」好きな人にこんなこと聞かれると、恥ずかしくてたまらない!!大樹「なぁ…カズのチンコ一回でいいから見せて!!」 

オレ「えっ…」アソコが限界になりそうだったから、ベットに入り見えないようにした。オレは勇気を出して「修学旅行の時だったらいいよ…」そういった。 

少し沈黙が続いた、オレは【失敗した…こんなこと言うんじゃなかった…】そう思っていた。大樹「カズ、オレ眠くなった…どこで寝たらいい?」布団の事をすっかり忘れていた… 

オレ「ごめんすっかり忘れてた!!今持ってくる!!」大樹「面倒だからカズのベットに寝たらダメ?」オレは、何だか大樹もゲイなのかもしれないと、思い始めた。 

オレ「わかった…狭いけど大丈夫?」大樹「大丈夫!!大丈夫!!」そういって大樹はベットのなかに飛び込んできた、もう寝る気配がただよっていたから、電気を消した。「カズお休み…」何だか最近の大樹はやけに優しくて可愛い…どんどん惚れていく、大樹が隣に寝ている… 

オレは大樹が眠るのを待って、あの柔らかかった大樹のアソコを触ることにした…何十分かして、オレはツイツイうとうとしていた、その時、大樹の手がオレの太ももに乗った、けど…その手は、オレのアソコに段々近づいていた。 

今までに感じたことがないくらいの胸のドキドキ…オレは、【これで大樹がオレのを触ったら絶対大樹もゲイだ!!】そう考えながらじっとしていた、だけどアソコの直前で手が止まった。 

数分たっても何も反応がない…オレは大樹の手を取り、自分のアソコへ乗せた…すごい気持ちが良くて、そのまま握り締めてほしかった…オレは、そのまま眠ってしまった… 

目が覚めると、大樹は起きていて、大樹「やっとで起きたかぁ…オレ帰るからまた月曜日!!」その日、部活があったらしい、その日を境に、大樹はオレの体をたくさん触るようになった。 

毎日毎日、体を触られて、それが快感になっていた。そして、修学旅行前日、大樹と一緒にオレの家で準備をすることにした。けど、その日は何にもなかった…そして修学旅行当日、オレは大樹に告白しようと、決意していた。 


後編へ